ドライブ


交通事故と示談の方法について


交通事故の示談


日々途絶えることなく発生している交通事故。そして、そのほとんどは、双方の示談で処理されています。保険会社の介入によって、ほとんどの人はクレームも延べずに解決しています。それが健全な市民の法律感情でもあるでしょう。

けれども、それを利用した保険会社の保険金の不払いも数多くあります。本来支払われるべき正当な保険金を出し渋っていたことが、多くの損害保険会社にあることは摘発された事例などで顕著になっています。


改善の余地


裁判を好まないわれわれの国民性が、国内大手の損害保険会社を巨大化させてきたところもまったくの否定はできないでしょう。現に外資系の自動車保険会社は、国内の会社と違って、支払いがスピーディーで対応も早いと言われています。確かに、裁判などで争っているケースをみかけることはありません。

保険会社の不払い事案のチェック機構の整備や適正な価格での安心できる示談との関係は、今後より一層のこと改善される必要があるでしょう。


交通事故の裁判


交通事故に関する話し合いによる解決をあえてせずに、裁判に持ち込む人たちがいます。かれらは裁判を起こせば、示談の提示金よりもはるかに多くの損害賠償金を得ることができることを知っています。すなわち、裁判所の判例の認めるところに従って、計算していくとあまりにも示談悌次の金額が低いということはよくあることなのです。

けれども、普通の人たちはそこまでしてという気持ちはありません。そのため、本来よりも低い金額で納得していることになります。法の定めることとはいえ、交通事故保険は実のところ未解決の問題がたくさんあるのです。


交通事故で高額な慰謝料で示談するなら


保険会社から提示された示談金と、弁護士基準の示談金を比べてみましょう。
弁護士に相談することで、示談金を大幅に増額できる可能性があります。